FX初心者入門

HOME > FXの基本 > テコの原理「レバレッジ」

テコの原理「レバレッジ」

「テコの働き」という意味で、少額の証拠金で大きな金額の取引ができるのがFX。

FX(外国為替証拠金取引)と他の外貨建てによる金融商品の大きな違いは、
「テコの働き」を利用した「レバレッジ」にあります。

小さな力でも大きなモノを持ち上げることができる「テコの働き」を意味するのがレバレッジです。
レバレッジを効率よく活用することによって、証拠金の数倍から最大25倍までの証拠金取引ができます。

通常、レバレッジは「○倍」と表現され、元手の証拠金の何倍で取引しているかを意味しています。

例をあげると、1ドル100円のときに1万ドルを取引する場合、証拠金が100万円ならレバレッジは1倍。
10万円ならレバレッジは10倍、4万円ならレバレッジは25倍となります。

リターンとリスクは比例します

たとえば、証拠金100万円で米ドル円をレバレッジ1倍と10倍で取引した場合を比べてみましょう。

取引にかかる金額は、レバレッジ1倍で1万ドル、レバレッジ10倍で10万ドルになります。
為替レートが上下に1円変動した場合、取引金額1万ドルでは1万円の損益が発生し、
10倍の10万ドルの取引では、10万円の損益が発生します。

為替相場が1円変動した場合の証拠金100万円に対しての損益比率は、レバレッジ1倍で1%、
レバレッジ10倍で10%になります。これがレバレッジ効果と呼ばれるものです。

レバレッジを高めるほど取引できる金額が大きくなりますので、
投資資本となる証拠金の損益率が上昇していきますから、リスクとリターンは表裏一体なのです。

レバレッジが高ければ高いほど、少ない証拠金で取引できることになります。
つまり、レバレッジを効かせて、少ない資金で大きな利益を手に入れることができる可能性があります。

その反面として、大きな損失を被る可能性があることも決して忘れてはいけません。

Copyright © 2010-2011 FX初心者の為の会社選び All rights reserved