FX初心者入門

HOME > FXの基本 > スワップ金利(ポイント)

スワップ金利(ポイント)

FX取引によって、毎日受け取り出来る金利のことを「スワップ金利」または「スワップポイント」といいます。

外貨預金で示される「金利3.5%」というようなパーセンテージではなく、取引する通貨ペアごとに、
1日当たりの金額で表示されます。

例えば米ドル/円を1万通貨買うと、1日につき100円、1ヵ月だと3,000円程度のスワップ金利が得られます。
ただし、スワップ金利は、各国の金利変動により日々変動しますので、取引時においては、どこの会社が有利かを検討する必要があります。

受け取りと支払い

スワップ金利を受け取ることができるのは、金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買った場合です。
その反対の取引をした場合は、逆に支払わなくてはなりません。

通貨の組合わせによっては、スワップ金利を受け取ることができたり、支払う必要があったりというケースもあるということです。

日本では、低金利政策が続いていますので、日本円を売って他国の外貨を買う場合においては、
ほとんどのケースでスワップ金利を受け取ることができるでしょう。

どんなトレーダー向けか?

毎日スワップ金利を受け取りたい方にとって有利となる取引方法は『長期運用』です。

ある程度まとまった資本金を元手に、なるべくレバレッジを抑えて為替変動によるリスクをとり、多少の為替変動による損失が出ても、長期的なスパンでスワップ金利を狙いに行き、トータルで利益を狙いに行くトレード方法です。

レバレッジを1倍にした取引だと、実質的に外貨預金と同じような使い方も可能になり、手数料などを考えた場合、外貨預金よりも効率的な運用が可能となります。

Copyright © 2010-2011 FX初心者の為の会社選び All rights reserved